マイクロチップ普及中

マイクロチップってどんなもの?

マイクロチップとは、動物の個体を識別するための、電子標識機器です。
世界で唯一の15ケタの番号が記録されたもので、専用のリーダーで読み取ります。

特徴

 

マイクロチップ 読取器(リーダー)

○ 直径2mm、全長約13mmの円筒形
内部はアンテナ(フェライト棒にコイルを巻きつけたフェライドロッドアンテナ)と
IC部になっています。

○ 全体を生体適合ガラスやポリマーで覆われている。
体内で動かないよう、凹凸が付けられたものもあります。
また、電池式ではないので、半永久的に利用できます。

仕組み

マイクロチップには、世界で唯一の15桁の番号が登録されています。体内に埋め込まれたチップに専用のリーダーをかざすと、電磁誘導によって、動物の体外から情報を読み取り、この番号が表示されます。
また、この登録番号には、飼い主情報(氏名、フリガナ、住所、電話番号、その他の緊急連絡先、FAX番号、e-mailアドレス)および、動物情報(名前、生年月、性別、動物種、犬・猫の種類と毛色)が登録出来ます。
もしも犬や猫が逃走してしまい、動物愛護センターなどで保護された場合などは、リーダーでマイクロチップの有無を確認するため、すぐに飼い主の元へ連絡が取れる仕組みになっています。

安全性

マイクロチップは、全体を生体適合ガラスやポリマーで覆われているので、動物の体内でも安全性が高く、副作用もほとんどないと言われています。また、埋め込みは瞬時に終わるため、埋め込む動物への過度な痛みや負担も与えません。

挿入方法

マイクロチップの埋め込みは獣医療行為ですので、動物病院で獣医さんに埋め込んでもらいます。通常の注射より少し太めの針の注射器を使って、首の後ろの皮下に、チップを挿入します。埋め込み時の痛みは、普通の注射と同じくらいと言われており、麻酔などの特別な処置は行いません。

マイクロチップ挿入後の手続き

マイクロチップを挿入したら、日本獣医師会が管理するデータベースへ登録しなければなりません。せっかく挿入しても登録をしていなければ、万が一の際にも、動物たちは飼い主の元へ戻ることができません。登録料は1,000円です。獣医さんで代行してくれるところもあります。

なぜマイクロチップをいれたほうがいいの?

マイクロチップを入れることには、いくつかのメリットがあります。

■ 自分のペットが万が一脱走したり、迷子になってしまった時、早く家に帰ることができます。チップに登録されている情報によって、すぐに飼い主に連絡があります。

■ 盗難や取りちがえの防止に役立ちます。

■ 安易な捨て犬・捨て猫を減らすことができます。

■ 災害時には、飼い主の元に帰ることができる確率が高まります。

■ マイクロチップは、首輪や名札と違って、外れたりなくなったりする恐れがありません。

■ マイクロチップが義務化されている国に、飼い主と一緒に犬やねこを連れていく時には、マイクロチップを挿入していなければ入国できない場合もあります。