いのちの教室

日本では現在、年間17万頭以上の犬や猫が殺処分されています。人間の身勝手の末に生まれた「いのち」を処分し続けるこの社会。この根底にある問題とは何かを一緒に考えることで、私たち人間が「いのち」をどうとらえるべきかが見えてくるはずです。声なきもの、弱い者へまなざしを向けることは、自分に与えられた「いのち」を振り返る機会となることでしょう。そしていのちあるものとして、今、自分たちに何ができるか、何をするべきか、と言った社会貢献の第一歩にもつながるはずです。

いのちの教室とは

広島県内の中学・高等学校で行う出張授業です。時間の内容や詳細は、依頼校の担当の先生と相談をしながら決めていきます。

■ 時間 30分~1時間程度

その後、ワークショップを開く場合には、さらに1時間程度必要です。道徳の時間や学年集会、放課後の時間帯を利用することもできます。

■ 場所  各教室や講堂など(スクリーンとプロジェクターが必要です)

■ 単位  クラス、学年、学校全体、クラブや生徒会活動などどんな単位でも行うことができます。

■ 形態  スクリーンに映したパワーポイントを使って講義をします。


■ 内容  人間とペットの関係/ 犬猫の殺処分と動物愛護センター/動物愛護センターに収容される犬や猫/広島県の現状なぜ動物が殺処分されるのか/日本の犬猫を取り巻く現状/動物愛護管理法/野良猫問題・地域猫について など

※ 時間や開催校の希望によって、内容が変わることがあります。

資料のご請求・開催のご相談

いのちの教室は、広島県内の中学校・高等学校をはじめ、どこでも実施させていただきます。まずはご相談ください。

いのちの教室に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

☎ 082-894-8686

✉ info@npo-spica.com